読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今まで飲んできた酒の量を覚えているか

ライター:山路つかさという庶民がワインを飲みます。ワインに関する雑記を書きます。ワインや味に関するコラムを書いているので、その告知もたまにします。

【スポンサーリンク】

ワインバー行くときの参考になる

www.hotpepper.jp

こちらの間覚さんというライターさんが書いたワインバー初体験のコラムは、これからワインバーに行ってみたい人の参考になりますよ。

 

ちなみにこのコラムに登場している静岡のお店は、非常に良心的な価格帯です。お料理とワインのバランスもすごくよさげ。一度行ってみたいです。

 

■個人的な体験から……ワインバーでのポイントは?

まず、やっちゃダメなこと。お店の人に知ったかぶりをすること。ちょっとワインの知識があるから、と偉そうに振る舞うこと。ワインの種類が少ないからといって馬鹿にすること。

 

このあたりは当然ですがNGです。

 

ワインを頼むときは、メニューを見ても味がつかみづらい場合はワインを出してくれるお店の方に

・ワインの好み(赤白ロゼ泡など、重さ、甘辛、産地など)

・今日はこんなワインが飲みたいというリクエスト

を踏まえて聞いてみるといいですよ。

 

あと、ワインを出すお店なので「過去にこんなワイン飲んで美味しかったんだけど」と話のきっかけとして振るのはオッケーです。

 

 

■メニューも値段もないワインバーもあるよ

 

お店にもよりますが、わたしが好きなとあるワインバーはメニューがありません。それゆえに1グラスいくらかも不明。お支払のときに、どうやらチャージ1000円、1グラス1000円か2000円だということが判明しましたが、もっと高いお店はざらにあります。

 

なので、ワインバーに行こうかな……というときは、事前にネットでどういうお店なのか、メニューの価格帯を調べていくといいですよ。

 

夜の散歩でふらっと見つけたワインバーに入ってしまってメニューがないことに気づいたら、怖がらずお店の人に値段を聞くか1杯だけ飲むかにしておいたほうが無難です。

 

だって、飲んでるときに「これ、いくらなんだろう……」ってドキドキしながら飲んでも美味しくないですからね。

 

ちなみにワインバーで甲州の美味しさに目覚めました。1グラスずつ飲めるから、美味しいワインとの出会いも広がりますよ。

 

 

 

 

広告を非表示にする