今まで飲んできた酒の量を覚えているか

庶民のワインエキスパートがワインが楽しくなる記事をご紹介します。

【スポンサーリンク】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

飲食店にワインを持ち込んで意中の女子を落とす方法

クリスマスですが、ワイン飲んでますか?

わたしはとりあえずシャンパン開けています。

 

さて、3年前のデータではありますがおもしろい記事を発見しました。

 

男性が気のある女性と飲むワインの値段は「平均:4240円」―「ワインで、ハッスルしたい」|「マイナビウーマン」

 

こちらの記事によると、男性が気になる女性と飲むワインの値段は普段よりも2.18倍高い4240円だそうです。

 

■お店でボトル開けると高いよ!

ちなみにお店でボトルを開けると基本的に販売価格の2倍以上になります。超良心的なお店はそれ以下で出してくれていたりはしますが、基本的には2倍なんですよね。

 

ということは、どっかの酒屋で買ったら2000円台のワインというわけですよ。

 

ちょっと稼いでる女子からしたらデイリーワインです。小洒落たイタリアンとかフレンチで飲んだとしても、味にうるさければ割とわかってしまうかもしれません、お値段が。

 

ちなみにこのアンケート201人くらいから集計していますが

7,000円~9,000円台 5.5%
10,000円~14,000円台  5.0%
15,000円~29,000円台 0.5%
30,000円以上  0.5%

 と、なっています。つまり、約23人が7,000円以上はワインにかけていいよと答えているんです。

 

食事代含め全額負担しようと考えているなら、ワインだけで7,000円はかなりの出費です。しかし、ワイン好き女子を食事含めたクリスマスディナーで落とそうと思うなら、これくらいは負担しないと落ちないかもしれませんね。

 

がしかし……7,000円だとしても販売価格は3500円のワイン。シャンパンだとぎりぎりランソンクラスのものがあるかないかですね。

 

■オススメはお店にワインを持ち込むこと

というけで、わたしはワインの持ち込みをオススメします。お店によっては抜栓料(1500円~3000円程度)という名目でワインの持ち込みをオッケーしています。

 

うちの近所(地方都市)だと1人8,000円平均のイタリアンで抜栓料1500円だったと思います。東京に住んでいたときは持ち込みしたことがないですが、地方より持ち込みできるお店は多いと思います。

 

4,000円かけて2,000円台のワインをごちそうするより、自分で選んで持ち込んだ美味しいワインを飲んでもらったほうがいいと思います。

 

選べないという場合はアマゾンソムリエとかでさくっと選んでもらえばいいのです。平日ならその日にさくっと選んでくれます。電話で。

www.amazon.co.jp

あとは先日ブログでも書いたエノテカさんのコンシェルジュも良かったですが、翌日になっちゃいます。

 

そんなに時間ないし休日だぞ!? という人は繁華街の量販店的な酒屋でこれを探して下さい。

 

■お店に持ち込みたいおすすめワイン

 

 

 

 

 

 

 

 

印象が良い順に並べています。全て泡ワインです。シャンパン含む。

3本ともなかったら、ヴーヴ・クリコで正解だと思います。女子はムニエ主体よりピノ・ノワール主体のシャンパンが好きなので。

 

もうクリスマスは終わっちゃうけど、年末年始に決行してみてくださいね。