今まで飲んできた酒の量を覚えているか

庶民のワインエキスパートがワインが楽しくなる記事をご紹介します。

【スポンサーリンク】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンの右岸と左岸

ボルドー右岸と左岸を飲み比べる機会がありました。

カベルネ・ソーヴィニヨンメルロー、そしてプティ・ベルド、カベルネ・フランなどを飲み比べてちょっと感動したことがありました。

 

ボーセジュールと言えばサン・テミリオンのプレミア・グラン・クリュ・クラッセBのシャトーであることはご存じの通りですが、ボルドーメドックのサン・テステフでも同じ生産者がオー・ボーセジュールとしてつくってるんですよね。

 

後者のオーのほうを飲んだとき、とっさに左岸のワインだと思ったんです。メルローが多くてカベルネ・ソーヴィニヨンが少ないなあと。うーん、どうしてだろう。でも、メルローが多いと左岸っぽくないし??? と。

 

結局、蓋を開けたら左岸のワインで著名な右岸で活躍する生産者のものだったというわけです。

 

こんなこと普通にあるとは思うんですが、ちょっと感動したエピソードでした。